AKB48が新曲初披露 音楽好きキャスターの評価は…

印刷

テレビウォッチ>オトナ向けの番組とくダネ!では、流れる曲も懐メロが多い。現在のテーマ曲は80'S――ジェネシスの「インヴィジブル・タッチ」だ。さすがフィル・コリンズの歌声は毎朝でも心安らかに聴いていられるので、視聴者的にはありがたいが。

   番組後半、番組提供スポンサー紹介画面で、いつものように「インヴィジブル・タッチ」が流れたあと、スタジオにいたのはなぜかアイドル集団AKB48だった。オグラ、とくダネ!、AKB48とくれば、かなり異色の取り合わせ。そして、ミニスカセーラー服風ファッションの彼女たちは、2月17日に発売されるという新曲の「桜の栞」を、なぜかとくダネ!でテレビ初披露。視聴者層とのミスマッチが心配ではある。

ヒットする

   もっとも、番組司会で自称音楽好きの小倉智昭は、「今朝はじめて聴いたけど、絶対ヒットするよ」「ほんっっっとに、いいよね」と卒業シーズン狙いのあざとい曲を絶賛していた。

   「(AKB48の目標である)東京ドーム公演? すぐやれるよ」「秋葉原の専用劇場にも行きたくなった」など、オグラは自分の娘年代(以下)の女の子集団を前に終始相好崩し、上機嫌であった。

文   ボンド柳生 | 似顔絵 池田マコト
  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter
コメント・口コミを投稿する
コメント・口コミを入力
ハンドルネーム
コメント・口コミ
   

※誹謗中傷や差別的発言、不愉快にさせるようなコメント・口コミは掲載しない場合があります。
コメント・口コミの掲載基準については、コメント・口コミに関する諸注意をご一読ください。

注目情報PR
追悼
シニアの健康ライフ
Slownetからのおすすめ記事(提携)

お知らせ

電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中