2018年 7月 22日 (日)

カンガルーもビックリ! 宮城県「未知の生物」とは

印刷

<テレビウォッチ> 昨2009年末、番組が騒いだ、いや番組を騒がせた宮城県大崎市の野生カンガルー騒動。このところはご無沙汰気味だったが、現地で番組が採取した貴重な手がかり「謎のフン」の分析結果がついに出たという。

   その結果は、なななななんと「カンガルーではなくシカかカモシカの可能性が非常に高い」(日大の研究所)。そこで、キャプションも「ガーン!!」と大きなショックを表現するがしかし、落ち込むのはまだ早いんだそうな。

もはや

   昨年12月にも不審な動物の新たな目撃情報があったほか、今度はカンガルーとは似ても似つかぬ「謎の生物」の巨大な足跡が発見された。「もはやカンガルーにこだわらなくてもいいと思う」と笠井信輔アナ。カンガルーではない「なにかしら」の生物がいるのだろうというわけだ。

   「(謎のフンが目撃された動物のモノかもわからないので)鑑定なんかハナから信用してなかった」という慧眼の士、小倉智昭も「もしかしたら未知の生物かもしれない」と新たな展開に胸躍らせていた。

文   ボンド柳生 | 似顔絵 池田マコト
今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!

注目情報

PR
J-CAST会社ウォッチ会員向けセミナー
しごとの学校
  • スマホでわかるGDPR入門セミナー ~あなたの会社、準備は大丈夫ですか?~

  • 企業承継と相続対策セミナー 弁護士は見た!「社長が認知症に!? 悲惨な現実と対応策」

  • 「"無期転換ルール" あなたの会社は大丈夫?」 ~これからでもできる!企業のリスク回避術~

  • 追悼
    J-CASTニュースをフォローして
    最新情報をチェック
    電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中