2018年 7月 17日 (火)

検察リークはあるか 検事と記者のやりとり「再現」

印刷

テレビウォッチ>小沢幹事長の資金管理団体問題などで、あらためて注目を浴びる東京地検特捜部。そこで番組は元東京地検特捜部長の熊崎勝彦を招き、検察(東京地検特捜部)に関する疑問を解説してもらった。

   そのなかで、熊崎がとりわけ熱心に、ほとんど色をなして答えたように見えたのは「検察リーク」だった。出所がはっきりしない捜査情報が新聞等に飛びかい、それで世論が誘導されたりしてないか、といった懸念についてである。

……

   熊崎によれば、それはメディアによる熱心な取材活動の賜物、あるいは過熱する熾烈な報道合戦の産物ということになる。メディアはいろんな所に根を張っている。取り調べを受けた人、その周辺、あるいは弁護士などに聞く。それで心証を形成し、たとえば「こうではないですか」と検事にあたる。そこで、相手の反応、「んー」などという一瞬のためらいを見て、また心証を得て記事を書いたりする。

   「(検事が)自分から喋って、情報操作をして、世論を盛り上げて、なんてことはありえない。捜査は証拠と疑いに基づいて、淡々とやらざるをえない。それしかない」(熊崎)

   その勢いに気押されたか、ウラ追及主義者で司会者の小倉智昭すらろくに口を挟まず、スタジオは検察(OB)による広報活動の場と化していた。

文   ボンド柳生 | 似顔絵 池田マコト
今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!

注目情報

PR
追悼
J-CASTニュースをフォローして
最新情報をチェック
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中