2018年 7月 22日 (日)

小沢会見の説明 疑惑晴れた?疑問残った?

印刷

<テレビウォッチ>小沢幹事長が東京地検の事情聴取を受けた後、あくまで自分は潔白、もし不届きがあったとすれば、それは秘書の仕業だと主張。

金庫に?

   しかし、父親の遺産や自宅売却などのいろんなまったく後ろ暗くないカネを、たかだか4億円ぐらい、事務所の金庫に現金で保管していたとなると、コメンテイター陣はにわかに信じられないといった感じで口をそろえた。

見守りたい
「自分の(事務所の)金庫に4億、5億円も寝かしておくって、あるのかな」(ピーコ)、「いまの時代、金庫にずっと入れておいたというのは本当なのか」(高瀬淳一・情報政治学者)

銀行と記録とタンス預金

   「政治家は政治資金規正法がうるさいから、銀行に預けたほうが記録が残る。タンス預金は怪しまれる(のになんでそんなことをするのか)」と司会の小倉智昭。

   しかし、ハナシは「どうにも怪しい」から一歩も進まない。ここは磨硝子を見通す千里眼がほしいところだが、さしものオグラも「まあ、(小沢と検察)どちらが真実なのか、私たち国民にはわかりませんが……捜査を見守りたい」と、慎重なコメントに終始した。

文   ボンド柳生 | 似顔絵 池田マコト
今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!

注目情報

PR
J-CAST会社ウォッチ会員向けセミナー
しごとの学校
  • スマホでわかるGDPR入門セミナー ~あなたの会社、準備は大丈夫ですか?~

  • 企業承継と相続対策セミナー 弁護士は見た!「社長が認知症に!? 悲惨な現実と対応策」

  • 「"無期転換ルール" あなたの会社は大丈夫?」 ~これからでもできる!企業のリスク回避術~

  • 追悼
    J-CASTニュースをフォローして
    最新情報をチェック
    電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中