小沢会見巡り机バンバン! テリー伊藤VS勝谷誠彦

印刷

<テレビウォッチ>大竹真リポーターが、検察による事情聴取後の会見で小沢幹事長が疑惑への関与を全否定したことを伝える。この後、テリー伊藤VS勝谷誠彦が激しいバトルをくり広げた。

テリー「親分のために…」

   テリーが、小沢幹事長の言動が民主党に計り知れないダメージを与えていると言い、加えて、「逮捕された秘書たちの家族はどう思うか。親分のためにやったと思っていたにも拘わらず、オレ知らないという。(秘書たちは)入ったら2、3年出てこられない。家族にとってはたまったもんじゃない」と、情に訴えようとしたところ、勝谷が強く反発。

その時点で…

   「そういうことを雰囲気だけでテリーさんたちが言うから、この国のマスコミはダメになる」として「事実関係は一体どうなのか、何もわかっていないじゃないですか。無責任なことを言うんじゃないですよ」とデスクをバンバン叩く。

   これに対してテリーは「それは今後、検察が出してゆくわけじゃないですか」。勝谷は「そこから先だったらわかるけれども、こういう雰囲気を、空気をイヤだと、いまボクたちは言うべきじゃありませんよ」。

勝谷「非常に危険」

   次にテリーが、「ボクみたいなことを民主党で誰1人言っていない」と述べると、勝谷は、「言っていないとマスコミが言っているだけ。ボクは民主党、小沢さんのカタを持つわけじゃないけど、あたかも事実のようにメディアが流すのは非常に危険ですよ」と譲らない。

   2人の間に座った三船美佳は眉をひそめてオロオロ。加藤浩次も困惑気味で「検察の調べでどうなるかということ。その時点での意見はいろいろあっていい」と収束に務めていた。

文   アレマ | 似顔絵 池田マコト
  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter
コメント・口コミを投稿する
コメント・口コミを入力
ハンドルネーム
コメント・口コミ
   

※誹謗中傷や差別的発言、不愉快にさせるようなコメント・口コミは掲載しない場合があります。
コメント・口コミの掲載基準については、コメント・口コミに関する諸注意をご一読ください。

注目情報PR
追悼
シニアの健康ライフ
Slownetからのおすすめ記事(提携)

お知らせ

電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中