上地雄輔「ヘキサゴン」の裏側 「うるさいっ!」と怒られるワケ

印刷

   タレントの上地雄輔が2010年1月24日のブログで、「クイズ!ヘキサゴンII」(フジ系)の舞台裏を明かしている。

   「(出演者)全員真剣に悪戦苦闘」しているというのは、収録前の予選ペーパーテスト。だが上地は、そんなメンバーをよそに「落書きしたり、消しゴム投げたり、輪ゴム飛ばしたり」と落ち着かない。さらに「髪切りました?」と話しかける。すると、先輩に「ゆーすけうるさいっ!」と言われ、女子に「もぉ~!」と憤慨され、最後にはスタッフに「ゆーすけっ!!」と叱られる。これが「毎回毎回」の光景なのだという。

   そのたびに上地は反省するというが、周囲から「中学から変わってない」「いや小5だ」と評されても我慢ができない。「もはや病気です」と、23日の収録でもイタズラをしたくてウズウズ。結局、「おバカチーム」で「小声トーク」をし、再び「うるさいっ」と怒られる始末。やっぱり反省していない。<テレビウォッチ>

  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter
コメント・口コミを投稿する
コメント・口コミを入力
ハンドルネーム
コメント・口コミ
   

※誹謗中傷や差別的発言、不愉快にさせるようなコメント・口コミは掲載しない場合があります。
コメント・口コミの掲載基準については、コメント・口コミに関する諸注意をご一読ください。

注目情報PR
追悼
シニアの健康ライフ
Slownetからのおすすめ記事(提携)

お知らせ

電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中