(民主党に都合の悪い民意は)「斟酌必要なし」 名護市長選に学ぶ

印刷

<テレビウォッチ> 沖縄県民、名護市民をバカにするのもいい加減にしてはどうか。

ハシゴを外す?

   名護移設めぐって割れた沖縄・名護市長選は、反対を唱えていた稲嶺進が当選した。推薦した民主党は喜ぶべきところが、逆にハシゴを外すような閣僚のコメントが相次いだ。

   まず北澤俊美防衛相。「沖縄の皆さんに政府が本来決めるべきものを加重に選択をお任せするような風潮はよくない」と。

   もう1人は平野博文官房長官。「そういう(移設反対の)市長が誕生したというひとつの民意の答えとしてはあるんでしょうけど、(移設先を)検討する上で、斟酌してやらなければいけない理由はないと思う」と。

   政権交代いらい「沖縄の民意を聴いて」と決断を先送りし、そういう『風潮』をつくり上げたのは民主党政権だったはず。いまさら何を?? 沖縄の人は捲土重来とばかりこの風潮に乗せられた。

「民意を何と心得ているのか」

   民主党と共に稲嶺新市長を推薦した共産党の市田忠義書記局長が怒るのも無理ない。

   「名護市民の意思を無視した暴言を吐いた。許されない暴言だと思う。民意を何と心得ているのか」と、政治的発言とばかり言えない厳しい批判を。

   スタジオのコメンテーターは、両閣僚のコメントには直接には触れなかったが、三屋裕子(スポーツプロデューサー)の反応は……

「そもそも、ここにきて(移設について)迷うなら、『県外移設』と言わなければよかったのに。沖縄の人はヌカ喜びになっちゃう」
文   モンブラン
  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter
コメント・口コミを投稿する
コメント・口コミを入力
ハンドルネーム
コメント・口コミ
   

※誹謗中傷や差別的発言、不愉快にさせるようなコメント・口コミは掲載しない場合があります。
コメント・口コミの掲載基準については、コメント・口コミに関する諸注意をご一読ください。

注目情報PR
追悼
シニアの健康ライフ
Slownetからのおすすめ記事(提携)

お知らせ

電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中