2018年 7月 21日 (土)

「小沢立件見送り」説 みの「裏金疑惑の真相は?」

印刷

<テレビウォッチ>オヤ、もう東京地検特捜部は小沢一郎民主党幹事長の立件を断念したの!? 早合点したくなる記事が……

「再聴取見送り」報道

はっきり

   新聞朝刊の注目ニュースを紹介する『朝ズバ斬り』で、井上貴博アナが日経1面に掲載された『小沢氏の再聴取見送り』の記事を取り上げた。

   というのも月曜日の『朝ズバ!』(1月25日)に生出演した元東京地検特捜部部長の宗像紀夫弁護士が「(小沢の)2度目の聴取があれば立件、起訴に向けて進んだものと思う」と語ったばかり。

   それが『再聴取見送り』とあっては、早くも立件断念か?? との憶測も……

   記事によると、「東京地検特捜部が小沢幹事長に対する2度目の事情聴取を見送る方針を固めたことが関係者の話で分かった」とし、その理由を「1回目の聴取の内容に不自然さはあるものの、調書を作成したことで目的は果たせたと判断した模様だ」と。

みの「私どもの関心は…」

   また、小沢幹事長の「立件の可否については関係者の聴取など捜査を継続し最終的判断をするものとみられる」と伝えている。

   まだ捜査が生煮えの段階でフタを開けた感じもするが、スタジオではキャスター・みのもやはり『立件断念!?』と思ったのか、「取り上げたのは日経だけ?」。

   これに井上が「ここにはないけど、他にも載っています」と。続けてみのは「続報はあるんでしょうね」。

   最後にみのが腑に落ちないといった顔で「私どもの関心は、小沢さんが裏カネとして献金を受け取っておいて、そのカネがどこへ流れたのか。もらっていないと言うんですが、真相をはっきりしてもらわないと…」と。献金云々はあくまで一方の当事者の供述だ、というフォローが入ったが、みのの納得いかなそうな表情は変わらなかった。

文   モンブラン | 似顔絵 池田マコト
今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!

注目情報

PR
J-CAST会社ウォッチ会員向けセミナー
しごとの学校
  • スマホでわかるGDPR入門セミナー ~あなたの会社、準備は大丈夫ですか?~

  • 企業承継と相続対策セミナー 弁護士は見た!「社長が認知症に!? 悲惨な現実と対応策」

  • 「"無期転換ルール" あなたの会社は大丈夫?」 ~これからでもできる!企業のリスク回避術~

  • 追悼
    J-CASTニュースをフォローして
    最新情報をチェック
    電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中