2018年 7月 18日 (水)

朝青龍の新技「うそツッパリ」 ケガ被害者、実は一般人だった

印刷

テレビウォッチ>朝青龍が初場所中に起こした暴力沙汰は自分の個人マネジャーを殴った「内輪もめ」とされていた。

マネジャーではなかった

   25回目の優勝を飾った初場所終了後に相撲協会の武蔵川理事長にもその旨、報告、厳重注意を受けた。ところが、全治1か月のケガを負った被害者がマネジャーではなく、知り合いの一般人だったことが明らかになったのである。

「優勝」奪え

   番組では、海附雅美リポーターが、今朝(1月28日)のスポーツ紙のほとんどが1面で「うそつき」「一般人の鼻へし折っていた」などと大々的に報じていることを伝える。

   コメントを求められたテリー伊藤は「なんで協会は、事件があった時点で出場停止にしなかったのか。そうすれば初場所の優勝はなかった。本来、犯罪ですよ」とし、「虚偽報告だと分かったんだから、協会は再度、朝青龍、マネジャーを呼んで聞くべきだ。初場所の優勝は奪った方がいい」と興奮気味にまくし立てる。

立件可能性は?

   加藤浩次から「被害届はまだ出ていないらしい」と振られた本村健太郎は「被害男性がどう説明しているか。ふつうだったら、殴られたとなったら、傷害で立件されて逮捕あるいは(書類)送検になるはず。これからやるのか」と述べた上で、「傷害罪は親告罪ではないので、事実関係さえわかれば本人がどう言おうと立件できる」とつづけた。

   協会は一件落着と思っていたかもしれないが、そうは問屋がおろさなかった感じだ。どう対処するのだろうか。

文   アレマ | 似顔絵 池田マコト
今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!

注目情報

PR
J-CAST会社ウォッチ会員向けセミナー
しごとの学校
  • スマホでわかるGDPR入門セミナー ~あなたの会社、準備は大丈夫ですか?~

  • 企業承継と相続対策セミナー 弁護士は見た!「社長が認知症に!? 悲惨な現実と対応策」

  • 「"無期転換ルール" あなたの会社は大丈夫?」 ~これからでもできる!企業のリスク回避術~

  • 追悼
    J-CASTニュースをフォローして
    最新情報をチェック
    電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中