ダムが出来ると地滑り増える? スパモニの「八ッ場検証」

印刷

<テレビウォッチ>八ッ場ダムには、これまで語られなかった災害の可能性がある、という井口成人のちょっと珍しいリポート。何かというと、地滑りだという。

国交省は「因果関係まだ…」

情けない

   専門家は、「この地域は地滑りのデパートといえる。種類が多いのと数が多いこと。浅間山の噴出物のためで、危険度の高い地域だ」という。しかしそれが実際に起こるのは、ダムができてから、というのだから、話はややこしい。

   井口は、その地滑りが発生している秩父・二瀬ダムをルポした。完成したのは1961年。なんと50年も前だ。最初に異変に気がついたのは10数年前だという。

   湖畔の民宿では土台に亀裂が入り、床下にはこぶしが入るほどの割れ目。岩盤が沈んだので、床に支えの木材がかませてあった。「一生懸命かせいでも、修理代に消える状態」なのだと。

   同様の亀裂は、集落のいたるところにあり、住民は、「湖の水がひくと、落ちるのがわかる」という。ダムは毎年9月に灌漑用に水をぬくが、満水時との水位の差は41メートルにもなる。

   亀裂は「ダムが原因」と住民はいうが、国交省は「大雨ではないか。因果関係がまだ……」という。しかし、1988年に埼玉県が出した調査報告書のなかに、「ダム完成の翌年から、ダムの水位が下がると地滑りが発生」とあり、地滑りの原因も「ダムの湛水が地下水に変化を起こした」としている。

全戸移住の例も

   二瀬ダムのすぐ近くにある滝沢ダムは、同様の地滑りで、住民が全戸集団移転している。また、奈良県の大滝ダムの白屋地区では、ダムに水をいれたとたんに地滑りがはじまり、国も因果関係を認めて全戸が移住して、集落が消滅していた。

   問題は費用だ。大滝ダムではこのため、2003年完成の予定が遅れ、事業費は当初の16倍、3640億円になった。滝沢ダムも4倍の2320億円になっている。八ッ場ダムでは、危険箇所が22か所といわれ、もしダムができても、さらにいくら費用がかかるか分からないという。

   鳥越俊太郎は、「知らなかっただけなんだ。今回八ッ場ダムの中止問題で表に出てきたが、過去にもあったわけだ。費用が膨らんだ分が国の負債800兆円に含まれる。知らなかったのが情けない」と慨嘆する。

   赤江珠緒「八ッ場ダムを作ってほしいという人たちも、こういうことを知らないのでは?」

   国交省は全部知っていながら、隠して来たわけだ。その分そろばんをいれたら、いったいいくらになるか。

文   ヤンヤン | 似顔絵 池田マコト
  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter
コメント・口コミを投稿する
コメント・口コミを入力
ハンドルネーム
コメント・口コミ
   

※誹謗中傷や差別的発言、不愉快にさせるようなコメント・口コミは掲載しない場合があります。
コメント・口コミの掲載基準については、コメント・口コミに関する諸注意をご一読ください。

注目情報PR
追悼

お知らせ

電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中