後藤真希の喪服姿 「今までと違った印象」

印刷

<テレビウォッチ>4日連続、「悲しみの後藤真希=ゴマキ」がトップ扱い。「スッキリ!!」は、よほど思い入れが強いのだろう。今朝(1月29日)は、亡母の告別式後に出したゴマキのコメントと、「芸能界の育ての親」つんく♂が彼女にかけた言葉。

「ファンがいるから」

毅然と

   コメントは「この度はあまりに突然のことで自分の気持ちを整理できず、ファンの皆さまやお仕事の関係者の方々にご心配をおかけしてしまいました」と書き起こされ、「たくさんの方々といっしょに見送ることができ、私も少し落ち着けるような気がします」と綴られている。

   一方、つんく♂は記者たちに「言葉をかけるとしたら」と問われ、「メールでも返した」と前置きして「お前には音楽があるからファンがいるから、今は少々迷うかもしれないけど、真っすぐ自分を信じて自分の音楽を信じて進んで行けばいいと伝えた」と話した。

「勇気づける表現者に」

   VTRで喪服姿のゴマキを見ていたテリー伊藤は「人間としてキレイだ。毅然としている。今までの歌っている彼女とは違った印象を一般の方は受けたと思う。芸能生活をやって行く上でプラスになるのではないか」と言った。

   さかもと未明も「表現者としての可能性を感じる。歌も芝居も、いろんなことをやっていろんな人を勇気づける表現者になってほしい」と語った。

   番組によると、2月8日にコンサートが予定されているとのことで、彼女にとっては、悲しみから立ち上がる第1歩ともいえるが、出演するどうかは未定だそうだ。

文   アレマ | 似顔絵 池田マコト
  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter
コメント・口コミを投稿する
コメント・口コミを入力
ハンドルネーム
コメント・口コミ
   

※誹謗中傷や差別的発言、不愉快にさせるようなコメント・口コミは掲載しない場合があります。
コメント・口コミの掲載基準については、コメント・口コミに関する諸注意をご一読ください。

注目情報PR
追悼
シニアの健康ライフ
Slownetからのおすすめ記事(提携)

お知らせ

電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中