2021年 5月 9日 (日)

原口大臣に「アンタ、変わったな!」 ソーリが失望した理由

新規入会で5,000円相当の楽天ポイントプレゼント!

<テレビウォッチ> このごろの小さな国会では、具体的で直球なマニフェストが多いが、今回も太田光総理(爆笑問題)が「小沢幹事長が起訴されたら、直ちに解散総選挙します!」と時事的マニフェストを叫んだ。

起訴されたら解散を

   「オザワが悪くても驚かないが、オザワを辞めさせようとしない民主党に国民は失望している」と総選挙を求めるソーリに、ソーリの旧敵で仇敵だった政治コメンテーターの金美齢も共闘。「小沢さんの資金、サポートであれだけの小沢ガールズ、チルドレンが誕生した。もし小沢さんが起訴されたら、当然解散総選挙」と勢いづく。

   一方、民主党の小林興起は「国民は民主党がマニフェストを実現してくれることを願っている。いま選挙なんかやってるときじゃないだろう」。これはまた、なつかしのアソウ総理のようなセリフ。

   そんな民・自論戦の最中、珍しい男が国会に帰ってきた。原口一博総務大臣――。かつてこの番組ではレギュラー的存在で、たびたびソーリと共闘して、サウロン的自民党を口撃した旅の仲間だ。ところが、いざ大願成就して、ふたつの党の立場が入れ替わり、原口は総務大臣の座につくやいなや、事態は一変。もはや用済みとばかり、小さな国会にまったく出席しなくなったのだ。ソーリはことあるごとに「大臣になったら、番組に来やしない」と恨み節を口にしている。

   そんな原口がいま、スポットライトを浴び、プロレスラーのリングインのごとく華やかに登場。まさに凱旋、王の帰還である。だが、原口はいきなり「政治資金規正法の所管大臣として個別の件(小沢問題)にはコメントできない」と釘を刺すと、多くを語らない。

今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!
姉妹サイト
お知らせ

注目情報

PR
追悼
J-CASTニュースをフォローして
最新情報をチェック
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中