検察は「小沢」に負けたのか 「不起訴」と今後の展開

印刷

<テレビウォッチ>当面の「小沢問題」は「嫌疑不十分で不起訴」になるようだ。

社会へ与えた印象

   弁護士で元東京地検特捜部副部長の若狭勝は「2度目の事情聴取でも、検察の描くような話は得ることが出来なかった。その時点で、不自然な点は多々あるけれど起訴して有罪に至るまでの証拠関係としては弱いという結論になった」と解説する。

痛み分け

   赤江珠緒から「検察としては大きな誤算か」と問われた鳥越俊太郎は「小沢さんの身柄をとれなかった点では検察の敗北」としながら、「小沢さんがまっ黒な人間であるかのような印象を社会的に与えることに検察は成功した。そういう点では痛み分け」とも言った。

   やくみつる(漫画家)も「疑わしきは罰せず、は裁判の大原則」と前置きしながら「選挙民が投票行動に移す場合には投票しない罰を下せる。誘導するわけではないけど。今回、何がしかあるけれど立件できないというレベルの疑いをかけられた時点で、不徳の致すところだと思う」と話す。剛腕幹事長も、かなりの傷を負ったということだろう。

「幹事長、辞めないで済むか…」

   三反園訓(テレ朝コメンテーター)は「これで幹事長を辞めないで済むかというと、そんなに甘くない。今後は世論の動向しだい」と述べる。さらに「政界では、金の問題について検察は捜査を続けて行くと見られている」(三反園)ともいう。

   鳥越も「今回あちこち家宅捜索した。新しい材料が出れば、参院選後に新たな捜査が始まる可能性を残している。今回の不起訴処分で、すべて終わりではない」と語る。

   権力同士の最終決戦は、続編があるかもしれない。

文   アレマ | 似顔絵 池田マコト
  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter
コメント・口コミを投稿する
コメント・口コミを入力
ハンドルネーム
コメント・口コミ
   

※誹謗中傷や差別的発言、不愉快にさせるようなコメント・口コミは掲載しない場合があります。
コメント・口コミの掲載基準については、コメント・口コミに関する諸注意をご一読ください。

お知らせ

注目情報PR
追悼
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中