中山美穂に泣かされた 新山千春「涙ドバドバ」 

印刷

   タレントの新山千春が2010年2月4日のブログで、「みたくて仕方なかった映画」を見てきたと報告している。

   女優の中山美穂にとって12年ぶりの映画主演となった「サヨナライツカ」。25年にわたる濃密なラブストーリーを鑑賞した新山は「とめどなく涙が止まんなくて、苦しくなるくらい泣きました」という。

   それは物語が終わった後も続き、エンドロールで「毅然と席を立った」にもかかわらず、車に乗った瞬間に「またドバドバこぼれ落ちてくるんだよ…涙が…」とかなり感動した様子。「こんな経験はじめてです」と少し驚きながら、「心が浄化された気がする」「オススメの映画ですよ」と大満足のようだった。<テレビウォッチ

  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter
コメント・口コミを投稿する
コメント・口コミを入力
ハンドルネーム
コメント・口コミ
   

※誹謗中傷や差別的発言、不愉快にさせるようなコメント・口コミは掲載しない場合があります。
コメント・口コミの掲載基準については、コメント・口コミに関する諸注意をご一読ください。

お知らせ

注目情報PR
追悼
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中