石川議員問題「良きにはからえ」 鳩山首相すっかり他人ごと

印刷

<テレビウォッチ>『政治とカネ』の問題で停滞する政局。鳩山政権は早くケジメを……との声のなかで、『小鳩関係』に微妙な距離も見えてきたと番組が取り上げた。

「幹事長判断を見守る」

   政治資金規制法違反(虚偽記載)罪で起訴された民主党の石川知裕衆院議員(北海道11区)が2月9日夜、地元後援会の会合のあと記者会見し、離党や議員辞職をしない考えを明らかにした、と報じられている。

戦う姿勢?

   また、事件について「政治資金の出所を不明にするなどの目的で、意図的に虚偽の収支報告をしたことはない」と、捜査段階で「意図的に虚偽の記載をした」と言われている供述を一変させた。

   記者から「何故変わったのか?」の問いにも「裁判に関わることはコメントを控えさせていただきます」とかたくなな姿勢。

   この会見を受けた記者会見で鳩山首相は「地元に戻れば、ああいう気持ちになると思う。近いうちに小沢幹事長が石川さんに会うことになっているから、そこで判断が下されると思う。それを見守る必要がある」と、これもまるで他人ごとのようなコメントを。

   このVTRを見てまず小倉キャスターの舌鋒が火を噴いた。「鳩山さんの言っていることはおかしいよ! 幹事長とはいえ小沢さんは当事者でしょ。当事者が身内の処遇を決めてどうするんですか!?」

「何も変わらない」

   また笠井信輔アナは、石川が供述を一変させたことに触れ「裁判で戦う姿勢なんですかね……小沢さんは幹事長を続ける。石川さんも議員を続けるでは何も変わらない」と。

   ただ、首相に多少の変化の兆しが?? と見えるのが、非小沢系の急先鋒といわれる枝野幸男元政調会長の『行政刷新相』起用。

   それにもうひとつ番組では取り上げなかったが、首相が小沢の発言を否定したこと。

   小沢は2月8日の定例会見で「この仕事を『続けてよろしいか』と申し上げた。首相は『一生懸命頑張ってほしい』ということだった」と述べた。

   が、首相はその翌日の記者会見で「『頑張ってください』という言葉は使っていない」ときっぱり否定した。

   これなどは首相もかなり突っ張ったように見えたが、そろそろリーダーシップを発揮し、起訴された議員についてはきちっとケジメをつける時期では……

文   モンブラン | 似顔絵 池田マコト
  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter
コメント・口コミを投稿する
コメント・口コミを入力
ハンドルネーム
コメント・口コミ
   

※誹謗中傷や差別的発言、不愉快にさせるようなコメント・口コミは掲載しない場合があります。
コメント・口コミの掲載基準については、コメント・口コミに関する諸注意をご一読ください。

注目情報PR
追悼

お知らせ

電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中