2018年 7月 23日 (月)

キンコン西野 「努力ができないということは……」

印刷

   お笑いコンビ・キングコングの西野亮廣が2010年2月14日のブログで、「努力」について語っている。

「たしかに『努力』という言葉しかないから、頑張ることが努力となってしまうんだけれど、もっと別の言葉があれば、使い分けたいもんだ」

   同業者には時折、「努力ができないんです」とこぼされ、困ることがある。というのは、努力ができない自分を嘆いても、答えがないからだ。「努力ができないということ、つまりは、人を楽しませたいという気持ちがその程度しかないということだ。嘆かなきゃいけないのはそっちで、それは本当に嘆くべきことだと思う」

   ブログも同じだ。中には、「続けるのがしんどい」と途中で放り投げる人もいるが、西野は順番が違うと感じている。人を楽しませたくてたまらない人が、喜んでもらうための手段としてやる――こんな考えでいるようだ。彼は今、小説を執筆している。ある編集者は「ほぼ完成」しても、しつこく直しを要求してくるという。読者を楽しませたくて仕方がないという考えがあるからだろう。

   西野いわく、こうした作業は「努力」というよりも、「仕掛け」という言葉の方がニュアンスは近いと感じている。ただ、人に説明するのは難しいので「努力」という表現をしているといい、適切な言葉が欲しい、と思案していた。<テレビウォッチ

今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!

注目情報

PR
J-CAST会社ウォッチ会員向けセミナー
しごとの学校
  • スマホでわかるGDPR入門セミナー ~あなたの会社、準備は大丈夫ですか?~

  • 企業承継と相続対策セミナー 弁護士は見た!「社長が認知症に!? 悲惨な現実と対応策」

  • 「"無期転換ルール" あなたの会社は大丈夫?」 ~これからでもできる!企業のリスク回避術~

  • 追悼
    J-CASTニュースをフォローして
    最新情報をチェック
    電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中