上原さくら 「なぜか食べ始めると止まらない」

印刷

   タレントの上原さくらが2010年2月18日のブログで、キャベツにはまっていると紹介している。

   きっかけは1週間前、焼鳥屋で食べたからだ。以来、気になってしまい、本人は「キャベツがザックリまたはドカンと目の前に置かれるだけなのに、なぜか食べ始めると止まらないの」と書いている。すごく美味しいというよりも、目の前にあるから食べてしまう――そんな感じらしい。味噌を付けてパリパリ、千切ってはパリパリとう動作はなぜか、やめられない。

   もっとも、近所のスーパーでは安いときにはキャベツ一玉158円程度。一方、お店で提供されるキャベツは4分の1くらいの量なのに、やや割高に感じてしまう。「貧乏性の抜けないさくらだけなのでしょうか…………??」とおどけてみせた。

   ちなみにコメント欄では「お味噌に胡麻油を混ぜたものに付けて食べると美味しい」「塩コンブを刻んで混ぜるだけでも美味しい」「黒酢と醤油と一味をどっさりかけて食べま~す」などと違った食べ方も紹介されている。<テレビウォッチ>

  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter
コメント・口コミを投稿する
コメント・口コミを入力
ハンドルネーム
コメント・口コミ
   

※誹謗中傷や差別的発言、不愉快にさせるようなコメント・口コミは掲載しない場合があります。
コメント・口コミの掲載基準については、コメント・口コミに関する諸注意をご一読ください。

注目情報PR
追悼
シニアの健康ライフ
Slownetからのおすすめ記事(提携)

お知らせ

電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中