堤下敦のブログ 「1年間毎日更新」の仕掛け人

印刷

   堤下のブログ「俺とバーボン」。「本当にやっちゃうんですか?怒られないですか?」と怯えるブログ会社のスタッフをキングコング西野亮廣がけしかけ、「1年間毎日更新」の公約付きで「勝手に」スタートした。それが、ちょうど1年前。

   ここまでお膳立てされると、更新せずにはいられないのがお笑いの「悲しい性」で、堤下は2010年2月19日まで1年間毎日更新を続けた。最終回の記事で「1年書いたのですね、びっくりですね」としながら、1年の習慣が終わることに「なんだか寂しいですね」とも書いている。

   堤下は公約を果たした。西野は「本当に素晴らしい芸人根性」と讃える。番組などで「率先して縁の下の仕事」を選び、現場で「何度も人を助けている所を見ている」そうで、「ボクは彼を心底尊敬している」とゾッコンのようなのだ。

   「なんだって受け止めてくれる」。そんな懐の広い堤下に、「またある日突然、(新しいブログを)勝手に立ち上げさせてもらおう」。尊敬していても、「イタズラ心」は消えないようだ。<テレビウォッチ

  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter
コメント・口コミを投稿する
コメント・口コミを入力
ハンドルネーム
コメント・口コミ
   

※誹謗中傷や差別的発言、不愉快にさせるようなコメント・口コミは掲載しない場合があります。
コメント・口コミの掲載基準については、コメント・口コミに関する諸注意をご一読ください。

注目情報PR
追悼

お知らせ

電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中