「なんか平気」 若槻千夏が「ケータイ無し」生活

印刷

   タレントの若槻千夏が、携帯電話を持たない生活を始めているようだ。

   「古着の買い付け」で訪れたアメリカから帰国した後、気温の違いと時差ボケで体調が悪化し、「家のシャッター全部閉めて」「ポカリスエットを4リットル飲んで」1日中寝ていたらしい。夢の中で、自分が「ケータイがいらない」と口にしていたのを覚えている。2010年2月21日早朝、目が覚めると、現実でも「ケータイの電源が入らない」。なんと本当に壊れてしまったようだ。

   というわけで、「ケータイがない生活を、少し送ってみよう」と決心した若槻。壊れて2日たったが、「なんか平気」だという。「知らない人に時間聞く感じおもろいぜ」。そしてこう友人たちに呼びかけている。「公衆電話っつう、トキ的存在に近い電波からの交信を許可しておくれたまえ」。<テレビウォッチ

  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter
コメント・口コミを投稿する
コメント・口コミを入力
ハンドルネーム
コメント・口コミ
   

※誹謗中傷や差別的発言、不愉快にさせるようなコメント・口コミは掲載しない場合があります。
コメント・口コミの掲載基準については、コメント・口コミに関する諸注意をご一読ください。

注目情報PR
追悼

お知らせ

電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中