2019年 12月 8日 (日)

審議拒否の自民 すっかり野党らしくなって…

印刷
建築予定地やご希望の地域の工務店へ一括無料資料請求

テレビウォッチ>きのう2月23日の衆院予算委は、自民党の審議拒否のまま開会して、自民に割り当てられた2時間余が無為に費やされた。これで2日目である。

「何してんねん」

チャンス

   一方、「子ども手当」の審議入り予定の衆院本会議では、開会5分前に衆院議長室前に自民議員が集まって、プラカードをTVカメラに向けて、「小沢幹事長の証人喚問」などを訴えたが、横路議長は素通りして、自民欠席のまま開会となった。

   小泉進次郎議員は、「なぜ審議拒否なのかを国民に伝えないと」。大島国対委員長も、「むちゃくちゃな国会運営は大きな禍根を残す」といった。谷垣総裁は街頭で、「証人喚問や参考人招致、石川議員の辞職勧告の本会議上程、ひとつでもやってくれたら、いつでも審議に応ずる」と。

   だが、野党の審議拒否を無視するのは長年自民党がやってきたことだから、シャレにもならない。有権者としてもしらけるばかりだ。

   谷川秀善・参院幹事長が「野党の席だけ空いてるわけや、自民党のとこだけな。そればっか映されたら、国民から見たら、自民党何してんねんなとなる」といったのが、いちばんまともだった。

文   ヤンヤン | 似顔絵 池田マコト
今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!
お知らせ

注目情報

PR
追悼
J-CASTニュースをフォローして
最新情報をチェック
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中