ビビる大木 「裸で向き合って分かり合うしかない」

印刷

   お笑い芸人のビビる大木が2010年2月25日のブログで、後輩芸人「Wエンジン」の2人と銭湯に行ってきた話を紹介している。

   大木は以前もブログで、「Wエンジン」チャンカワイのつれない態度を嘆いたことがあった。ここは「裸で向き合って分かり合うしかない」というわけで、ツッコミのえとう窓口も含め銭湯に誘ったそうだ。2人は「ブログに何を書かれるか分からないからなあ~」「今日、銭湯に来るつもりなかった」と冷たかったけれど。

   風呂の中ではなんとなく恋愛の話に。ともあれ、大木の話に対して、チャンカワイは「だから神様が大木さん『今』という時間をくれたんですね」「その女性の手も握らない大木さん。その話、キラキラしててまぶしいなあ」などと「上手いコト」狙いの返しばかりだ。

   大木がそれ指摘すると、本人は「えっ!?わかります?」とあっさり。大木が内心ショックを受けているというのに、えとう窓口にも「あー!またブログに書かれるぞ」とバカにされてしまったとか。「母さん、ボク、春日部に帰ってもいいかな?」とおどけてみせた。<テレビウォッチ>

  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter
コメント・口コミを投稿する
コメント・口コミを入力
ハンドルネーム
コメント・口コミ
   

※誹謗中傷や差別的発言、不愉快にさせるようなコメント・口コミは掲載しない場合があります。
コメント・口コミの掲載基準については、コメント・口コミに関する諸注意をご一読ください。

注目情報PR
追悼
シニアの健康ライフ
Slownetからのおすすめ記事(提携)

お知らせ

電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中