ドッキリ企画もビックリ こんなレベルでは…

印刷

テレビウォッチ>日本テレビの「サタデーバリューフィーバー」。今回は、「試験に絶対出ない! 芸能界の公式」と題して、いわばドッキリ風の映像を紹介した。

ケンドーコバヤシは「上達」

   出演は、ケンドーコバヤシに宮川大輔、矢口真里、上田まりえアナ。なんとか研究所、といった感じで、試験的にさまざまな企画をやっているようだ。

   お笑いゆってぃを10か所ばかり連れ回し、どこで不機嫌になるか、とか、板東英二をCM撮影だとダマしてゆで卵を何個も食わせる、なんてことをやっていた。デヴィ夫人にプリクラをさせてみたり、NON STYLE井上宅を家宅捜索し、彼のナルシストぶり浮き彫りにしたりもしていた。ゆってぃは入浴時、タオル持ち込みを拒否され、「おじさん、○○だね」と言われていた。こんな風にプライバシーをさらされないといけないものだろうか。

   これを板東英二+ゆで卵×……云々と「公式」風に紹介するのだが、実にどうでも良い話だ。映像としては、ドッキリ企画で、今さらドッキリとも名乗れないので、ごたごたとタイトルを付けてみた、という代物だ。

   ゆってぃものなど4企画ともワクワクもしないし意外性もない。取材自体はきちんとしていたようだし、ケンドーコバヤシの仕切りの上達ぶりも伺えたことはうれしかった。しかし、企画としての変化が感じられず、こんなアイデアしか出ないのだとすれば、寂しい気持ちになってしまう。五輪の合間に見るにはいいかな、とタイトルにつられて見てみたが、がっかりな内容だった。

      少しずつ 恥を出しつつ ドキリとす

  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter
コメント・口コミを投稿する
コメント・口コミを入力
ハンドルネーム
コメント・口コミ
   

※誹謗中傷や差別的発言、不愉快にさせるようなコメント・口コミは掲載しない場合があります。
コメント・口コミの掲載基準については、コメント・口コミに関する諸注意をご一読ください。

注目情報PR
追悼
シニアの健康ライフ
Slownetからのおすすめ記事(提携)

お知らせ

電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中