浅田真央「ソチ」4回転 「出来る」派VS「危険」説

印刷

<テレビウォッチ>バンクーバーが終わったと思ったら矢継ぎ早に話題はソチに飛ぶ。浅田真央(19)は次のオリンピックで4回転ジャンプを跳ぶのかどうか。

「真央なら出来る」

   番組によると、彼女を指導するタラソワ・コーチは「真央は4回転トゥーループの練習をしている。真央なら出来るし、真央にしか出来ない」と言っているそうだ。浅田が在学中の中京大スケート部の部長も「4年後には4回転を成功させる」と予言する。

希望的観測

   このように周辺では「4回転」が既定路線かのようだ。が、4回転が成功したかと問われた部長は「ノーコメント」。まだ跳べていないと見るべきだろう。

   バンクーバーで4回転を成功させた小塚崇彦を教える佐藤久美子コーチは、今ソコソコ出来上がっていないと4年後もムリだとし、「(浅田がソチで4回転をやるのは)危険が大きい」と指摘する。佐藤コーチは、浅田は不得手とする3回転ルッツ、サルコウを磨くべきで、2つのジャンプを自分のものにすれば「キム・ヨナ越え」も不可能でないと述べる。

「点数取れるジャンプを」

   鳥越俊太郎も、浅田の3回転アクセル+2回転トゥーループの点数が思いのほか伸びなかったとし、「点数を取れるジャンプを跳んだ方がいい」と提言する。どちらかといえば、「ライサチェク派」の考え方だ。

   これに対して若一光司、大澤孝征組は、スポーツの根源的モチベーションには、だれもやったことのないものへの挑戦、人間としての限界への挑戦があるとし、それを純粋に評価する目線があっていいと語った。「プルシェンコ派」の意見である。

   最後に鳥越が「キム・ヨナさんが金メダルを取ったので、もう(オリンピックに)出てこないのではと希望的観測をしている」と弱気な面を見せた。

   「真央チャン追っかけリポート」はまだまだ続きそうな気配だ。

文   アレマ | 似顔絵 池田マコト
  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter
コメント・口コミを投稿する
コメント・口コミを入力
ハンドルネーム
コメント・口コミ
   

※誹謗中傷や差別的発言、不愉快にさせるようなコメント・口コミは掲載しない場合があります。
コメント・口コミの掲載基準については、コメント・口コミに関する諸注意をご一読ください。

注目情報PR
追悼

お知らせ

電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中