優木まおみ 「私はなんのプロなのだろうか?」

印刷

   タレントの優木まおみが2010年3月3日のブログで、仕事の悩みを書いている。

   この日は「モノマネ特番」の収録に参加した。優木がしたモノマネは「正直いって、お世辞にも似てたとは言えないでき」と肩を落とす。練習では似ていると思っていただけに、相当落ち込んだらしい。周囲は「モノマネのプロじゃないんだからしょうがないよ」と励ましてくれるが、本人はさらに考え込んでしまった。

「じゃあ私はなんのプロなのだろうか?」
「プロとしての責任を果たしている仕事あるだろうか?」

   同じようなことは芝居をやっても、歌を歌っても、キャスターをしても、モデルをしても、ついてまわることだ。いずれも「プロじゃないから」という言い訳のままに、過ぎ去っていくのが不安なのだ。

「このまま言い訳を続けていたら私はいつまでも自分の『プロ』を見つけられずに、なんとなく、タレントでーす!とかごまかしながら仕事を続けてしまうのではないかと」

   モノマネの一件から話はずいぶん飛躍してしまったけれど、優木はちょうど前日、30歳になったばかり。そのせいで、どうも考え込んでしまったようだ。ともあれ、今は目の前の仕事を大事にして、自分の「プロ」を探して努力したいと意欲を見せる。そしてこれが、30代の目標なのである。<テレビウォッチ

  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter
コメント・口コミを投稿する
コメント・口コミを入力
ハンドルネーム
コメント・口コミ
   

※誹謗中傷や差別的発言、不愉快にさせるようなコメント・口コミは掲載しない場合があります。
コメント・口コミの掲載基準については、コメント・口コミに関する諸注意をご一読ください。

注目情報PR
追悼
シニアの健康ライフ
Slownetからのおすすめ記事(提携)

お知らせ

電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中