2018年 7月 21日 (土)

メンタル強化のお値段 1時間5万円の価値と「実力」

印刷

テレビウォッチ>「選手たちは、すでに次に向かっているようですが、課題はメンタル面の強化だそうです」(キャスターの小倉智昭)と、取り上げたのは『メンタル力』。

48人中5人

   提起したのは、バンクーバー五輪の橋本聖子日本選手団長の次のひと言。

   「日ごろからいろいろなことを想定してメンタルトレーニングをしていた日本選手団は、プラスに持っていくことができたのではないか……」

   今回の「成果」を見ると、種目によっては本来のトレーニングでやるべきことがもっとあったのではないかと思うのだが、スタジオの結論は……

   そもそも『メンタル力』とは何か? 「本番で力を発揮できる精神力」というのだが、その精神力を養うメンタルトレーニングとなると分かりにくい。

   具体的な例としては、整氷機の故障で長い中断があったスピードスケート男子500m。

   からだが冷え切ったにもかかわらず、長島圭一郎と加藤条治両選手が見事に銀と銅メダルを獲得した。

   この2人が所属する日本電産サンキョーは6年前からメンタルトレーナーと専属契約を結んで精神面の強化も図っていたという。

   それも世界のトップレベルの実力があったからこそ。そのうえで、「自分のいつもの力をいつも通り発揮できるのがメンタル力」(取材した田中大貴アナ)だという。

   小倉が「メンタルトレーニングが必要というのは2、30年前からいわれていた。初期のころは1着でゴールするイメージをもて、表彰台の1番上に乗っている映像を思い浮かべろとか、そういうトレーニングだった。そうしたら他の外国選手も皆、1番上に乗っている姿を描いていたという笑い話があるくらい、難しいものなんですよ」

   で、番組が実際メンタルトレーニングを受けていたかどうかについて、バンクーバーに出場した選手に聞くと、回答のあった48人のうちわずか5人だけだった。

   理由は費用が高いこと。スポーツ選手の場合、ハイテクニカルなので1時間5万円もするという。

   小倉が「1時間に5万円もかけるのは大変だよね~」と、好きなゴルフに例えこんなことを……

   「ゴルフ場で目の前に池がある。池に入りそうだなと思うと入っちゃう。で、これは池を越えるんだと思うとまた入っちゃう。そこに池はないんだと思っても入っちゃう。結局、練習をきちっとやるのが1番いい」

   やはり本来の練習で実力を養うのが基本。メンタル力はそのあと……

文   モンブラン
今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!

注目情報

PR
J-CAST会社ウォッチ会員向けセミナー
しごとの学校
  • スマホでわかるGDPR入門セミナー ~あなたの会社、準備は大丈夫ですか?~

  • 企業承継と相続対策セミナー 弁護士は見た!「社長が認知症に!? 悲惨な現実と対応策」

  • 「"無期転換ルール" あなたの会社は大丈夫?」 ~これからでもできる!企業のリスク回避術~

  • 追悼
    J-CASTニュースをフォローして
    最新情報をチェック
    電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中