2019年 1月 20日 (日)

「北野武に仏勲章」にみる 日仏での評価の「違い」

印刷

<テレビウォッチ>キャスター小倉智昭が「今日は芸術の話です」で始まったオープニングトークで、フランス芸術文化賞の最高賞『コマンドール』を受章した映画監督の北野武を取り上げた。

かなりの難関

   小倉のテーマは「武さんの作品は、日本でもそこそこヒットするんですが、何といってもフランスでドカーンと当たるんですよね」という不思議。

知ってる?

   小倉によると、フランスには芸術文化に関しては、騎士の意味がある『シュバリエ』、将校の『オフィシエ』、それに騎士の長、司令官の意味の『コマンドール』の3つの勲章があるという。

   北野は1999年にすでに『シュバリエ』と受けており、今回は『オフィシエ』を飛び越えて『コマンドール』を。

   で、小倉は「フランスでも『コマンドール』は年間50人しか授与されていないかなりの難関ですよ。これまで受章したのは建築家の丹下健三さん、作家の大江健三郎さん、画家の梅原龍三郎さん、シャンソン歌手の石井好子さん……」。

   その難関をクリアして『何故、北野武が』と小倉が言っているふうにも取れたが、割って入った笠井信輔アナが次のように……

文   モンブラン | 似顔絵 池田マコト
今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!

注目情報

PR
J-CAST会社ウォッチ会員向けセミナー
しごとの学校
  • 「無期転換ルール」、新たな「働き方」は軌道に乗っていますか?

  • 追悼
    J-CASTニュースをフォローして
    最新情報をチェック
    電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中