この閑散が目に入らぬかぁ~ 茨城空港の静かな開港

印刷
<テレビウォッチ>「午前8時オープン、あと4分です」とみのもんたがボードをめくった茨城空港の開港。「視界不良のまま」「就航は2路線のみ」「利用客は予測の4分の 1」と、なにしろ冴えない。

「多くの不安かかえ…」

   現地には奥平邦彦がいた。「98番目の茨城空港です……」とターミナルビルの見学デッキからだったが、人っ子一人いない。「閑散としてるね」とみの。見渡す空港には滑走路が2本。遠くの1本は自衛隊百里基地のものだ。ここにも人影なし。機影もなし。

韓国のスターに

   ビルの中では開港式が始まろうとしていた。橋本昌・茨城県知事らがテープの前に並んでいるが、一般の人より関係者と報道陣の方が多い。奥平も「多くの不安をかかえた開港です」という。

   百里基地との共用ということで、建設費は220億円と安かったのだが、いってみれば成田のすぐお隣だ。「首都圏第3の」といっても、地上のアクセスでは茨城は茨城だ。

   当初、札幌、大阪、福岡、那覇への就航を想定していたが、決まったのはアシアナ航空のソウル便とスカイマークの神戸便(4月16日から)と数か月後に釜山へ週3便程度というだけ。81万人の需要予測も、実際は20万人前後とされる。が、ターミナルビルは2000万円の赤字の見込みだという。

「シーンとしてるね」

   で、いよいよ時間となった。カメラが切り替わったが、テープの前でみなじっと立ったまま。「やけに静かだね」とみの。「始まるところです」というのだが、間が持てずにみのは「レストランも少ないの?」なんてきいているうちに、カットとなった。

   が、また静寂。「シーンとしてるね」。フラッシュがたかれ、ブラスバンドが鳴ってようやくテープが切られた。しかし、カットした人たちの表情は硬いままだ。スタジオでは嶌信彦だけが笑っている。やれやれ。見てるだけで疲れた。

   スタジオであらためて98の空港が入った日本地図が示された。パス停じゃあるまいし、といいたくなる図だ。

   みのが「1割に満たないらしいですね、完全利用されてるのは。韓流ブームで来日する韓国のスターには、茨城を利用してもらうとか……つくちゃったら、壊すわけにいかないんだから」

文   ヤンヤン | 似顔絵 池田マコト
  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter
コメント・口コミを投稿する
コメント・口コミを入力
ハンドルネーム
コメント・口コミ
   

※誹謗中傷や差別的発言、不愉快にさせるようなコメント・口コミは掲載しない場合があります。
コメント・口コミの掲載基準については、コメント・口コミに関する諸注意をご一読ください。

注目情報PR
追悼
シニアの健康ライフ
Slownetからのおすすめ記事(提携)

お知らせ

電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中