シー・シェパードの思うつぼ? 船長逮捕とスポンサー問題

印刷

<テレビウォッチ> 南極海で調査捕鯨船・第2昭南丸に侵入し、逮捕された反捕鯨団体シー・シェパードのピーター・ベスーン容疑者(44)がきのう(3月14日)、艦船侵入容疑で送検された。本人は容疑を認めているという。

「環境保護ビジネス」

   「朝ズバッ」がニュージーランドの妻と父親に電話で聞いた。妻は「まさか、日本へ連れて行かれるとは思っていなかった。早く釈放して」、父親は「息子は日本に抗議をしているのだ」と。

眠れない

   東海大の山田吉彦教授は、「彼らの目的は逮捕され、裁判にかけられること。環境保護ビジネス。メディアがとりあげるからスポンサーがつく。アディ・ギル号の衝突は(やりすぎだと)スポンサーがひいたので、(侵入という)次の手を打ってきた」という。

   しかし、話は思わぬ方向へ広がっている。ロスでは、イワシクジラを出していたすし店が摘発された。アメリカでは海洋ほ乳類の所有・販売は禁止されている。仕掛けたのはアカデミー賞を受賞した「ザ・コーブ」の撮影スタッフだった。

   また、ドーハで先週末から始まった「ワシントン条約締約国会議」の焦点は、大西洋、地中海のクロマグロの取引規制だ。アメリカ、EUが規制に賛成するとみられ、日本は苦しい立場だ。世界全体で196万トンの3分の1を日本人が食べている。25日には結果が出るが、規制が通れば、マグロの値上がりは間違いない。

   みのもんたは「歴史的な食生活、文化を否定されるとなると、話は違う」

   が、それをいってたらこの話はまず負ける。マグロはともかく、日本人はクジラなんかほとんど食べちゃいない。しかし、「マグロの話はクジラやイルカの延長上にある」と先の山田教授もいっていた。

クジラ増えすぎると…

   末吉竹二郎は「シー・シェパードの背後にある国際世論を見ないといけない。クジラのことで日本のイメージは悪くなっている」

   と、みのは「ある説によると、これ以上クジラが増えすぎると生態系が変わってしまう。それを考えると夜も眠れない」なんていいだした。クロマグロについては「大西洋と地中海のマグロを太平洋へもってくればいい」(??)

   さらに、「京都議定書も守らないで、勝手なんだよ。だから、向こうがシー・シェパードなら、こっちはシー・ブルドッグとか」(笑い)。久保田智子があわてて「いやいや、そういう問題じゃないです」「あ、そういう問題じゃないですか」

   シー・シェパードは今後、活動を地中海のクロマグロ漁に移すのだそうだ。日本漁船だけじゃないからね。どうなるかが見物。

文   ヤンヤン | 似顔絵 池田マコト
  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter
コメント・口コミを投稿する
コメント・口コミを入力
ハンドルネーム
コメント・口コミ
   

※誹謗中傷や差別的発言、不愉快にさせるようなコメント・口コミは掲載しない場合があります。
コメント・口コミの掲載基準については、コメント・口コミに関する諸注意をご一読ください。

注目情報PR
追悼

お知らせ

電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中