石破政調会長が斬る 鳩山離党の意味と無意味

印刷

テレビウォッチ>鳩山邦夫元総務相がきのう(3月15日)自民党に離党届を出した。参院選前に新党を立ち上げるかまえで、メンバーとして与謝野馨、舛添要一両議員の名前をあげたが、2人の動きはまだ見えない。

「何のための再編か」

   鳩山元総務相は、「いまの自民党ではどんなにがんばっても限界。国民が求める新しいものを作りたい」「与謝野氏、舛添氏の橋渡しができたらいい。薩長連合だ」と自らを坂本龍馬になぞらえた。「政界再編の起爆剤」「捨て石であってもいい」というのだが……。

勝機が?

   鳩山首相は、「弟は弟です」と連携の可能性を否定。小沢幹事長も「共同でなにかをやることはない」と語った。自民党内からは、与謝野・舛添両議員の考えの違いから、危ぶむ声も出ていた。

   その鳩山元総務相を、「党の政策や体制についての主張を知らない」といっていた自民党の石破茂・政調会長がナマ出演した。

   みのもんたが、「党内は混乱している?」ときいたが、石破政調会長は「混乱はない。春だからいろんなことを言う人はでるが……」(スタジオ大笑い)、「何のための再編か。バラマキじゃなくて財政規律をどうするとか、それなしで新党だといわれても迷惑。普通の政治家ならそう思いません?」

   石破は、「昨(2009)年の総裁選に出なかった人は(現状に)責任を負うべき。与謝野さん、舛添さんも私も出なかった。党の支持を得るために努力したか」と、谷垣執行部を支えていくとした。面白くはないけど正論だ。

選挙至上主義は…

   そのうえで自民執行部には、「もっと若い人をだすとか、派閥のもつ機能をどう党に集約するか。民主党はそれで強いんだから、いいところは真似たらいい。独裁にならないように。肝心なのは有権者がどう見てるか。変わったとみせないといけない」

   与良正男は、「鳩山さんより、園田博之・幹事長代理(与謝野議員に近い)の辞任が大きいような気がする。大島幹事長が勧めた?」と聞いところ、「そういう風に聞いています。連絡はあったが、2人のやり取りは聞いていない」

   みの「谷垣総裁で勝機がある?」「それを作るのが仕事です。船が沈みそうなときは逃げ出すものがいる」

   三屋裕子が、「民意を表すのは選挙しかないが、だからこそ議員には選挙至上主義になってほしくない。いまジーッと見てる」といいことをいう。

   石破は「じっと見てる人への恐れを感じないとだめ」

   いつの間にか、鳩山離党の話はどっかへいっちゃった。その程度なのかな。

文   ヤンヤン | 似顔絵 池田マコト
  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter
コメント・口コミを投稿する
コメント・口コミを入力
ハンドルネーム
コメント・口コミ
   

※誹謗中傷や差別的発言、不愉快にさせるようなコメント・口コミは掲載しない場合があります。
コメント・口コミの掲載基準については、コメント・口コミに関する諸注意をご一読ください。

注目情報PR
追悼

お知らせ

電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中