2019年 2月 20日 (水)

長妻大臣「細かい指示」攻撃 必要か「やる気なくす」だけか

印刷

<テレビウォッチ> かつての正義の味方も、いまやすっかり役人臭くなった感のある長妻厚労相が、あまりに細かいというんで、役人が悲鳴をあげているという。今朝(3月17日)の産経新聞の記事が話題になった。

小学生じゃあるまいし

   なんでも就任から半年で、出された指示の数が1000件を超えるというから尋常じゃない。おまけに期日までにできないと、「反省文」まで書かせているというので、「小学生じゃあるまいし」と恨み節もでているという。

甘いよ
指示の内容がまたすごい。
「舛添前厚労相の公用ワゴン車は売却しろ」
「年金機構の職員は大きな声で『いらっしゃいませ』と挨拶するように」
「(子育てのダンサー)SAMさんのポスターを大臣室に掲示しろ」
「報道の可能性を察知したら政務3役に報告」
「記者に話した内容を報告」

   おいおい、聞き捨てならないものも含まれてるじゃないか。

   みのもんたが「どうなんです?」

   片山善博が、「組織のトップはあまり細かいことはいわない方がいい。それより、1人ひとりの職員が自分の考えで使命感を失わないように仕向けないといけない。マネージメントする人の務めです」

   金井辰樹は、「政治主導と政治家主導の違い。細かい支持をすることが政治主導だとする傾向がある。大きな方向性を示して、官僚たちが動きやすいようにするというのが、本来の政治主導。これでは政治家主導だ」

文   ヤンヤン | 似顔絵 池田マコト
今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!

注目情報

PR
J-CAST会社ウォッチ会員向けセミナー
しごとの学校
  • 「無期転換ルール」、新たな「働き方」は軌道に乗っていますか?

  • 追悼
    J-CASTニュースをフォローして
    最新情報をチェック
    電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中