宮地真緒のケータイに異変 「まさか」の事態とは

印刷

   女優の宮地真緒は携帯電話のアラームを止めようとしてケータイを開いたら、「違和感」があった。

   アラームはクリアボタンを長押しすると止まる。しかしクリアボタンがあるはずの場所にない。

「えーーーーー!?
ボタンって取れんの!?」

   クリアボタンだけが行方不明だ。

   焦って探したら、なんと宮地の親指についていた。「まさかクリアボタンが親指に張り付いてるなんてね」とさすがに参ったと様子。

「アロンアルファでやってみっか」

   2010年3月21日のブログに書き込んだ。<テレビウォッチ>

  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter
コメント・口コミを投稿する
コメント・口コミを入力
ハンドルネーム
コメント・口コミ
   

※誹謗中傷や差別的発言、不愉快にさせるようなコメント・口コミは掲載しない場合があります。
コメント・口コミの掲載基準については、コメント・口コミに関する諸注意をご一読ください。

注目情報PR
追悼
シニアの健康ライフ
Slownetからのおすすめ記事(提携)

お知らせ

電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中