高校野球に学ぶ失言と暴言 でも「処分はやめようよ」説

印刷

<テレビウォッチ> 「日本中に恥をかいた。21世紀枠出場校に負けるのは末代までの恥、死にたい」

敗因は奢り?

   まさかの負けに前後不覚に陥ったのか? と思うような監督発言が問題視されている。

小さな事

   選抜高校野球2日目(3月22日)の第1試合、21世紀枠の和歌山・向陽に2-1で敗れた島根・開星の野々村監督(58)が語った言葉である。

   キャスターの小倉が「つい本音が出たのでしょう」と、オープニングトークで監督をかばったが、「21世紀枠に負けるわけがない」ということこそがそもそも奢り。敗因はその奢りにあったと思うのだが……

   『21世紀枠』は、各県でベスト8入りしたところで、野球以外にもボランティア活動に熱心だったり、野球環境に恵まれない僻地を加味したりして『特別枠』として出場が認められるようになった。

21世紀枠

   といって向陽は、決して野球が弱いわけではない。前身の旧制・海草中学時代、夏の甲子園で嶋投手が準決勝と決勝でノーヒット、ノーランを達成し優勝。翌年の大会でも連覇している名門校。

   「参加することに意義がある」と思って来ているわけではなかろう。勝とうと思い試合に臨んでいたに違いない。その相手に「21世紀枠に負けるのは末代までの恥。もう野球をやめたい」と言うのは、裏を返せばそれだけ慢心していたということ。

   ニューズウィーク日本語版編集長の竹田圭吾も「監督自身が相手をナメていたことになる。これでは自校の選手が可哀そうだ」と。

   小倉は「高野連が事情聴取をするようですが、処分とかにならないでほしい。小さな事です」という。確かに処分という話ではないと思うが、ではリーダーの資質があるかといえば??

文   モンブラン | 似顔絵 池田マコト
  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter
コメント・口コミを投稿する
コメント・口コミを入力
ハンドルネーム
コメント・口コミ
   

※誹謗中傷や差別的発言、不愉快にさせるようなコメント・口コミは掲載しない場合があります。
コメント・口コミの掲載基準については、コメント・口コミに関する諸注意をご一読ください。

注目情報PR
追悼
シニアの健康ライフ
Slownetからのおすすめ記事(提携)

お知らせ

電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中