鳩山バラバラ内閣 今度は「郵政」で混乱

印刷

テレビウォッチ>鳩山連立政権はよほど閣内不一致が好きらしい。今度は郵政改革法案である。

「内閣で議論したものではない」

   亀井郵政改革担当相が原口総務相と並んで改革法案の骨格を発表、その中で、ゆうちょ銀行の預け入れ限度額(現行1人あたり1000万円)を2000万円に、かんぽ生命保険の加入限度額(1300万円)を2500万円に引き上げる、とした。これに対し、仙谷国家戦略相が「内閣で議論したものではない」と異を唱えたという。

   また、郵政グループ内の取引にかかる消費税についても、亀井担当相が「免除が当然」と発言したことに、菅財務相が「そうは承知していない」と反論したようだ。

   亀井担当相がアドバルーンを上げたと見るべきか。

   番組コメンテーターのやくみつる(漫画家)は「国民新党の意見が100%出ている。民主党は、かつて限度額を500万円に下げると言っていた。政治的バランスでは国民新党が少数だけど、あることによっては民主党が押し切られる。一方、基地の問題では社民党の意見がなかなか通らない。連立の宿命かもしれないが、不公平感がある。数で優勢のところの意見が通って行くのが連立政権だと思うが……」と話す。

   テレ朝コメンテーターの三反園訓は「ふつう大臣が2人会見したら決まりだが、決まっていないものを発表することによって、仙谷さん、菅さんのように、聞いていない、が続出する。これも迷走するかもしれない」とした。

   鳩山首相は会見で「閣議で決まったわけではない。これから閣内で議論する必要がある」と語ったが、この人の軟弱さが混乱を招く元になっている気がする。

   番組的には改革法案の生活面への影響に重点をおいていたが、コメントは閣内不一致の方に傾いた感じだった。

文   アレマ
  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter
コメント・口コミを投稿する
コメント・口コミを入力
ハンドルネーム
コメント・口コミ
   

※誹謗中傷や差別的発言、不愉快にさせるようなコメント・口コミは掲載しない場合があります。
コメント・口コミの掲載基準については、コメント・口コミに関する諸注意をご一読ください。

注目情報PR
追悼

お知らせ

電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中