2018年 7月 18日 (水)

hitomi「ムダのすすめ」 その頑張り方は意味ないかも

印刷

   シンガーソングライターのhitomiがブログで、歌詞作りの方法をちょっとだけ紹介した。

   2010年3月24日の記事によるとちょうど、インテリア雑誌を見ながら、自分の部屋を想像して楽しんでいたらしい。「イメージを膨らますコトに時間をかなりとるタイプ」と自身を語る。

   実際、作詞するときは、たったの1~2時間で仕上げている。といっても、それ以外の時間――たとえば3日間の猶予があるとして――はずっとイメージを膨らませることにしている。その間はドライブもするし、雑誌を見たり、ケーキを食べたりとさまざま。hitomiはイメージする時間もなく、3日間を机の前にかじりついているのは、あまり意味がないように感じている。

   同じような話は、コピーライターの糸井重里が雑誌の連載で語っていたのを目にしたことがあった。妙に納得してしまったようだ。「ムダに見えるコトも実はムダじゃ~ないってコト」<テレビウォッチ>

今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!

注目情報

PR
J-CAST会社ウォッチ会員向けセミナー
しごとの学校
  • スマホでわかるGDPR入門セミナー ~あなたの会社、準備は大丈夫ですか?~

  • 企業承継と相続対策セミナー 弁護士は見た!「社長が認知症に!? 悲惨な現実と対応策」

  • 「"無期転換ルール" あなたの会社は大丈夫?」 ~これからでもできる!企業のリスク回避術~

  • 追悼
    J-CASTニュースをフォローして
    最新情報をチェック
    電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中