「AKB」大島優子 風呂場で「やっちまった」コト

印刷

   人気ユニット「AKB48」の大島優子はホテルの風呂で半身浴をするため、グアムで買った入浴剤を混ぜてみた。ところが、まったく溶けなかった。

   「ん~ おかしいなぁ~」と袋を見てみると、英語で「Uses for Fragrant Sachets」と書かれている。「これじゃ私の頭じゃ分からない」ともう少し見てみると、「CLOSET FRESHENER」「CAR SCENT」とあり、ようやく「芳香剤」であることがわかった。通りで溶けないし、「ジャリジャリして砂みたい」なわけだ。

「やっちまったな(笑)」

と苦笑するしかない。そんな「砂風呂」にはメンバーの佐江ちゃんこと宮澤佐江が一緒に入ってくれた。2010年3月29日のブログから。<テレビウォッチ>

  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter
コメント・口コミを投稿する
コメント・口コミを入力
ハンドルネーム
コメント・口コミ
   

※誹謗中傷や差別的発言、不愉快にさせるようなコメント・口コミは掲載しない場合があります。
コメント・口コミの掲載基準については、コメント・口コミに関する諸注意をご一読ください。

お知らせ

注目情報PR
追悼
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中