岡田外相、何しに訪米したの? 普天間ノープランの迷惑

印刷
テレビウォッチ>鳩山首相がまたもブレた。3月29日の定例会見で、米軍普天間基地移設の政府案について今度は次のような発言を。

期限巡りふらふら

   「今月中じゃなければならないと法的に決まっているわけではない。今後、2か月という期限でそのような判断の中でまとめていきたい」


法的な、と

   4日前まで「3月いっぱいをメドにしながら政府案をまとめているところです」と明言したばかり。再三にわたり、簡単に前言を翻す首相には今や言葉もない。

   キャスターの小倉が呆れ顔で「法的なものじゃないと言いだしたね……」に、リポーターの長谷川豊が「法的なものでないことは皆分かっているのですがね……」。

   重荷を背負って訪米した岡田外相が3月29日にワシントンに到着し、ゲーツ国防長官と会談した。岡田外相が5月末までに結着したいと伝えたところ、ゲーツ長官から、海兵隊が沖縄に駐留することの重要性を改めて指摘され、米国が沖縄県外への分散移設には否定的な立場であることを示唆されたという。

   30日朝はクリントン国務長官との会談が予定されている。いったい岡田外相は何を提示しに訪米したのか。

「ある程度提案事項を」

   小倉が「ある程度の提案事項を持ってなければおかしいですよね。プランは出来上がっていると見たらいいんですかね??」と、やはり疑問を。

   これにニューズウィーク日本語版編集長の竹田圭吾が次のような答えを。

   「いやー、できていないですよ。普天間の移設は、日米間の単なる合意でも覚え書きでもない。協定ですよ。それを覆すことは外交の常識では有り得ない。それをやろうとしているのに全く話がまとまっていない。だからこそ岡田さんは相当な危機感を持っている。首相官邸に求心力がなくなっていて、どこにどういうふうに持っていくか基準がないまま、バラバラに関係者が動いている。何を持ってこられても基準と根拠がどこにあるのか分からない。アメリカも質問すらできない状態になっている」

   政治アナリストの伊藤惇夫が「鳩山政権は宇宙遊泳中」と揶揄したが、この体たらくが続けば、いずれ近いうちに消滅か……

文   モンブラン | 似顔絵 池田マコト
  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter
コメント・口コミを投稿する
コメント・口コミを入力
ハンドルネーム
コメント・口コミ
   

※誹謗中傷や差別的発言、不愉快にさせるようなコメント・口コミは掲載しない場合があります。
コメント・口コミの掲載基準については、コメント・口コミに関する諸注意をご一読ください。

注目情報PR
追悼

お知らせ

J-CAST Blog 略して「Jブロ」
J-CASTがオススメするブログを紹介!
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中