2018年 7月 16日 (月)

今井メロが告白 「いけない物を見てしまった」

印刷

   トリノ五輪・スノーボードハーフパイプ日本代表の今井メロがモバゲータウンの日記で、パチンコ初体験を告白した。

「産まれて初めてパチンコ屋さんに連れていかれました」

   彼女としては、パチンコやスロットは「危険な遊び」で怖い――そんな印象があったという。友人に連れ出され、はじめは見ていただけだったのが、「ヒキが強そうだ」という理由から、台の前に座ることになった。

   もちろん、やり方なんてわからない。断り続けていたけれど、のせられるままにハンドルを握ることに。「そしたら 13連続当たっていたみたいです(笑)」。もっとも、当たっていることもよくわからないままで、「何が楽しかったのか」と、もらしてもいる。

   その後、換金も初体験し、彼女は「私なんか、いけない物を見てしまったような」と感じたらしい。友人は大丈夫だと声をかけてくれたものの、「世の中には私の知らない危険な世界がたくさんある」との思いがあることを2010年3月24日に書き込んでいた。<テレビウォッチ>

今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!

注目情報

PR
追悼
J-CASTニュースをフォローして
最新情報をチェック
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中