700万人に「臨時ボーナス」 急に金遣いが派手に…

印刷

<テレビウォッチ>トップに取り上げられたのは第一生命上場の話題。相互会社から株式会社への移行によって、保険契約者738万人に総額1兆6000億円の「臨時ボーナス」が渡ることになるというのだ。といっても、赤江珠緒、小木逸平、山口一臣ほかのスタジオ陣は誰も、この恩恵に浴していないらしい。

第一生命が株式会社に

   名村晃一テレ朝経済部長が登場して、第一生命の上場の狙いが「海外進出」「M&A」に打って出る戦略にあること、定額給付金の場合と比較した経済効果、株式市場活性化への期待などを説明する。が、コメント陣はさほど熱心に聞いているように見えない。第一生命の保険に入っていないためか。

   木場弘子が「利益を追求する企業となれば、リスクも出てくるし、不安な部分もありますね」と一般的な疑問を口にする。名村の答えは「まさにそこが課題」。夫の野球解説者、与田剛の不倫スキャンダルは過去のことと割り切っているのか、木場の様子はいつもと変わらなかった。

   長嶋一茂は、証券会社から第一生命株の取得を勧められたかのようなことを洩らし、「僕は冷めてますね。リスクが大きいし、利回り、展開も分からない。踊らされないゾ」と妙に力を入れて宣言していた。やはり買わなかったのだろう。

   大谷昭宏の「ゴールデンウイークのときに、きっとあの人は第一生命の株を持っていたに違いない、といった話が出るのではないか」という冗談が結びとなった。

文   アレマ
  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter
コメント・口コミを投稿する
コメント・口コミを入力
ハンドルネーム
コメント・口コミ
   

※誹謗中傷や差別的発言、不愉快にさせるようなコメント・口コミは掲載しない場合があります。
コメント・口コミの掲載基準については、コメント・口コミに関する諸注意をご一読ください。

注目情報PR
追悼
シニアの健康ライフ
Slownetからのおすすめ記事(提携)

お知らせ

電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中