亀田興毅、食べ過ぎで「ドクターストップ」

印刷

   前WBC世界フライ級王者の亀田興毅選手(23)が2010年4月2日夜に更新したブログで、

「試合が終わってからずっと休みなく食べ続け、ついにドクターストップがかかった(笑)」

と、食べ過ぎを医師に注意されたことを明かしている。亀田選手は3月27日の対ボンサクレック戦で判定負けして以来、ステーキや寿司、好物のスイーツなどを食べる様子をブログに綴っていた。ただし、亀田選手は4月2日のブログでは

「まぁたしかに食べ過ぎやなぁ…ボチボチ考えていかなアカンかな でも食べたいし…(笑)特にスイーツ…(笑)」

と書くにとどまっており、本格的にダイエットを決意するまでには時間がかかりそうだ。

  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter
コメント・口コミを投稿する
コメント・口コミを入力
ハンドルネーム
コメント・口コミ
   

※誹謗中傷や差別的発言、不愉快にさせるようなコメント・口コミは掲載しない場合があります。
コメント・口コミの掲載基準については、コメント・口コミに関する諸注意をご一読ください。

注目情報PR
追悼
シニアの健康ライフ
Slownetからのおすすめ記事(提携)

お知らせ

電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中