小沢「2人擁立」戦略 見据えている「その次の選挙」

印刷

<テレビウォッチ> 『選挙の小沢』が、参院選2人区の2人目の候補者擁立を巡って豪腕ぶりを発揮している。

吉か凶か

   地元県連の反対を無視し2人目の候補を発表した静岡、現職の衆院議員をくら替えさせた京都、地元県連の推薦を無視し差し替えた茨城……。

共倒れ

   支持率低迷の中で共倒れの可能性すら囁かれている。はたして凶とでるのか吉と出るのか、番組が取り上げた。

   小沢幹事長は先3月末、静岡の2人目の候補者を発表した。共倒れを懸念する同県連会長は「1議席を取るために必死でやっているから、県連としては2人目の候補の応援はできませんね」に、小沢は「静岡だけを例外扱いはできません」とにべもない。

   一方、茨城では県連が推薦している候補者を最後まで認めず、差し替えた。理由について小沢は「私と似たような老人が選挙戦を繰り広げるのは非常に厳しい。肉体的、精神的に若い候補者を擁立したい」。差し替えられた弁護士はこれに「健康? 今、何も悪いところはありません。十分選挙戦を戦える」。

前原大臣を意識し…

   衆院議員をくら替えさせられた京都の場合は、三反園によると「他とちょっと違う。ウラがあるような気がする。(京都が地元の)前原国交相を意識し、『いつもカッコいいことばかり言っていて2人ぐらい当選させてみろよ』という思いがあるではないかと思う」と。

   その小沢戦略は、参院選を政権交代の最終決戦の場と位置付け次のように。「(候補者2人が)競い会えば倍になるとはいわなくとも、間違いなく5割増は過去の事例からなります」。

   これにテレビ朝日コメンテーターの三反園訓が次のように補足した。

「権力を握っているわけだから……1人は当選する可能性は必ずある。2人出れば切磋琢磨し競争するので、比例票が上積みされる。仮に新人候補が落ちでも来年の統一地方選で市長や町長選の候補者になれることもある」

   その小沢にこれ以上の権力アップを望まない声やら民主党の不甲斐無さにうんざりしている無党派層が増えている。ジャーナリストの鳥越も「みんなの党と自民党で、民主党の共倒れはかなりあると思う」と言い切った。

文   モンブラン | 似顔絵 池田マコト
  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter
コメント・口コミを投稿する
コメント・口コミを入力
ハンドルネーム
コメント・口コミ
   

※誹謗中傷や差別的発言、不愉快にさせるようなコメント・口コミは掲載しない場合があります。
コメント・口コミの掲載基準については、コメント・口コミに関する諸注意をご一読ください。

注目情報PR
追悼
シニアの健康ライフ
Slownetからのおすすめ記事(提携)

お知らせ

電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中