平沼新党は引き立て役? みんなの党の注目度

印刷

<テレビウォッチ>番組の扱いはけっこう大きいが、コメンテイターからの言われようでは、散々な感じの平沼・与謝野新党。なにかと言えば「みんなの党」が引き合いに出され、その引き立て役の趣を醸している。

「インパクトが…」

「渡辺(喜美)さんは自民党が与党のときに離党した。失うものがあり、インパクトがあった。野党になってからの離党では国民に訴えるものが少ない」(金井辰樹・東京新聞政治部デスク)
「みんなの党は、まだなにやってくれるかもしれないという期待が持てる。(平沼新党は)もうひとつ期待が持てない」(高木美也子・日大教授)

   「二大政党制が来たと思ったら、自民党は崩れはじめてきた感じ」と司会のみのもんた。

   「国民はどうしたらいいんですか? (自民党の代わりに)みんなの党ですか?」などと、今日(4月6日)はなにかにつけ、みんなの党に言及し、その「躍進」ぶりを強調した。

   少々不自然にも映ったが、みのが以前、自民党時代の渡辺の行政改革などを「応援する」姿勢を打ち出していたことを考えれば、さほど不思議な話でもなさそうだ。

文   ボンド柳生
  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter
コメント・口コミを投稿する
コメント・口コミを入力
ハンドルネーム
コメント・口コミ
   

※誹謗中傷や差別的発言、不愉快にさせるようなコメント・口コミは掲載しない場合があります。
コメント・口コミの掲載基準については、コメント・口コミに関する諸注意をご一読ください。

注目情報PR
追悼
シニアの健康ライフ
Slownetからのおすすめ記事(提携)

お知らせ

電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中