ロト6に挑んだ統計学専門家 2億円は当たったのか

印刷

<テレビウォッチ>ご存知「ロト6」。1から43までの数字から6つを選ぶだけで2億円がねらえる宝くじ。これに、統計学の専門家集団2組と幸運家族が挑戦した。1口200円を5口、1000円ではたして結果はでるのか?

6の倍数が…

   まず武庫川女子大の情報メディア学科、丸山健夫教授研究室の学生5人。丸山教授は「6」は旧暦で大きな意味を持つという。月と日を足した数が6で割り切れる日が「大安」。以下余の数で、赤口、先勝、友引、先負……仏滅は余りが5だ。

面白い

   そこで過去の抽選日の分析から始まって、この企画の抽選日11月12日(仏滅)をにらんで、過去の仏滅日の抽選で出た数字を分析したら、なんとよく出た数字の上位6個がすべて6の倍数だった。「鳥肌が立った」と学生。これに、人が選ばない数字という「癖」を勘案して、買う数字を割り出した。

   次が岡山理科大情報科学科の柳貴久男准教授と学生たち。こちらは過去のデータから、相性のいい数字を割り出した。「10と22は同時に出やすい」などなどの分析を経て、さらに数式を作って出やすい数字を割り出した。

   そしてもう1組、茅ヶ崎市に住む懸賞家族、朝倉さん一家。この4人家族は、車、宝石、お米など、月50ほどの応募で9割方あてているという幸運家族だ。風水はもちろん、おまじないも欠かさないが……。

5等が3本

   ロト6の当選は、数字6個が一致する1等から数字3個の5等まで。5等は1000円だが、1等が出ない時は賞金が次回に持ち越しになるので、金額は動き、最高4億円の可能性もある。過去10年間で600人の億万長者を生んでいるという。

   そしていよいよ抽選日。一同が見守る中で出た数字は、岡山チームが選んだ32と相性がいい13は見事に出た。そして数字3個的中の5等を3本引き当てた。他のチームは完敗。

加藤浩次が、

「統計学で6つを当てられるんでしょうか」

香山リカはクールに


「統計学というよりデータ分析ですね」

渡邊美樹は

「1等が600万分の1というのは、かなり低いですね」

と現実的だ。

テリー伊藤は

「統計の楽しみ方としては面白い」

加藤は

「今回当たった人(1口)は、何の気なしに買ったものでしょうに」

   これが、番組になるというのも驚いた。

文   ヤンヤン | 似顔絵 池田マコト
  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter
コメント・口コミを投稿する
コメント・口コミを入力
ハンドルネーム
コメント・口コミ
   

※誹謗中傷や差別的発言、不愉快にさせるようなコメント・口コミは掲載しない場合があります。
コメント・口コミの掲載基準については、コメント・口コミに関する諸注意をご一読ください。

注目情報PR
追悼
シニアの健康ライフ
Slownetからのおすすめ記事(提携)

お知らせ

電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中