ゲゲゲの時間繰り上げ 意外と厚そうな壁と朝ドラ

印刷

   <ゲゲゲの女房>NHKの新朝ドラ「ゲゲゲの女房」。鬼太郎で知られる水木しげるの夫婦ものだ。始まる時間が通例の8時15分から15分繰り上がった。NHKの「朝を変える」切り込み隊長の役割を担わされた形だ。その8時15分からは、新情報番組「あさイチ」が放送されている。

「素直」なドラマ

   実にきちんとしたドラマだ。素直につくっている。変に笑わそうと構えていない。ヒロイン松下奈緒の演技はまだ固いが、父役の大杉漣が実にうまい。父親らしさを出している。話は、戦争中の昭和14(1939)年から始まっている。年頃になったヒロインは、背が高すぎて見合いがうまくいかない、という場面も描かれる。

   脇はNHKらしく豪華で、これから風間杜夫や竹下景子、松坂慶子らが出てくる。こうした顔ぶれがそろうと面白くなってきそうだ。期待している。

   今見ている範囲でもなかなか面白いのだが、案外「15分繰り上げ」の壁は厚そうだ。たった15分というかもしれないが、長年の習慣で「朝ドラは8時15分から」というのが染みついた層がかなりいるはずだ。視聴率が「来る」には意外と時間がかかりそうだ。<テレビウォッチ

      ゲゲゲなら やっぱりきたろう 視聴率

  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter
コメント・口コミを投稿する
コメント・口コミを入力
ハンドルネーム
コメント・口コミ
   

※誹謗中傷や差別的発言、不愉快にさせるようなコメント・口コミは掲載しない場合があります。
コメント・口コミの掲載基準については、コメント・口コミに関する諸注意をご一読ください。

注目情報PR
追悼

お知らせ

電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中