「ネットで大人気」ギャラ高騰 115キロおかっぱ男の美声

印刷

<テレビウォッチ>きのう4月12日に話題になった台湾の「第2のスーザン・ボイル」こと、林育群(リン・ユーチュン)(24)が、「スッキリ」のカメラの前に立った。「加藤さん、テリーさん、おはようございます」と日本語だ。おまけにスッキリのポーズまで決めてみせた。

「日本で披露したい」

   彼が注目されたのは、台湾の人気オーディション番組「超級星光大道(スーパースター・アベニュー)」。優勝者には歌手としてプロデビューのほか300万円の賞金が出る。今4月2日の番組で歌ったのが、ホイットニー・ヒューストンの「I will always love you」。これをメゾソプラノか何かで歌ったのだからみんなびっくり。なにしろ、身長171センチ、体重115キロのぽっちゃりの体型に丸顔、おかっぱ頭だ。たちまちネットの動画サイトにのって、400万アクセスを超えた。

来てほしい

   実はきのうの「スッキリ」は、「動画サイト」と室内映像だけで、肝心のオーディション映像がなかった。そこできょうは、ようやく入手した映像をノーカットで流した。なるほど、なるほどだ。彼は先週4月9日の番組で脱落してしまったのだが、きのう行われた音楽学校のPRイベントでの会見には、世界各国から約30台のカメラと報道陣が集まった。そしてそのあとの「スッキリ」の単独インタビューで、スッキリポーズになったのだった。

   インタビューでは中国語で、「夢のよう。普通の太っちょなだけなのに、世界が変わった」。「美声の太っちょ」といういい方には「かわいらしい。親しみがわいていいです」。彼女はいない。「早く見つけたい」

   リラックスできるのは? 「食べるとき」。好きなものは? 「肉です。食べる量が多いのでなかなかやせない。悲しいけど」と笑った。声のためには「冷たいものは飲まない。タバコも吸わない」

   レパートリーに日本の曲もあった。MISIAの「Everything」をちょっと歌ってみせたあと、「チャンスがあれば日本で歌を披露したいので、スタジオに遊びにいかせてください」とまたスッキリのポーズを決めた。

吉本の若手?

   それを見た加藤浩次は、「吉本の若手みたいな」(笑い)

   テリー伊藤も喜んだ。「いいね。チケット安くしてほしいですね、2万5000円くらいで」(笑い)とすっかりプロデューサーの顔になった。

   しかし、話はもっと進んでいて、2日後にはアメリカへいく予定で、テレビ出演の依頼が殺到してギャラが高騰しているとか。またCDの話も出ているのだという。

   香山リカ「赤い蝶ネクタイがいい。売れても髪型と蝶ネクタイは通した方がいい」

   加藤「キャラクター出来上がってる。スーザン・ボイルさんなんか、ずいぶん変わったけど」

   テリーは「彼が男前だったらこうはならなかったわけで、ちょっと微妙ですよね」

   加藤「来てほしいですね」

   さーて、アメリカでどうなるかが見物だ。

文   ヤンヤン | 似顔絵 池田マコト
  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter
コメント・口コミを投稿する
コメント・口コミを入力
ハンドルネーム
コメント・口コミ
   

※誹謗中傷や差別的発言、不愉快にさせるようなコメント・口コミは掲載しない場合があります。
コメント・口コミの掲載基準については、コメント・口コミに関する諸注意をご一読ください。

注目情報PR
追悼

お知らせ

電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中