「男を狩る」女 掟4「群れるな、1人で」

印刷

<テレビウォッチ> 青木源太の「情報誌早読みチェック」が、「GLAMOROUS」の特集のひとつをとりあげた。沢尻エリカの独占告白を乗せて話題の号だが、こちらのキーワードは「狩女(カリージョ)」だという。

カリージョ

   「狩女になる宣言!」という記事で、女が戦略的なハンターになる時代です、とあって、「4月解禁!」だと?? おおたわ史絵が疑り深い目をギロリ。

適当

   青木がリードを読み始める。「漠然と待っていても出会いは来ない。この春は自ら獲物(男)を狩る勢いで、狩女になろう」というので、NYの狩女が書いた「HUNTING SEASON(男を狩る技術)」に学ぼうと呼びかけている。

   で、青木がその本を取り出して、「書いたのはニューヨークに住む42歳、バツイチ、子持ちの女性。テリーさん、昼はOLで夜は男狩りのスペシャリストだと」

   テリー伊藤「うれしいですね。日本でも増えているんですか?」

   青木「かつてクーガー女というのがあったが、こちらは進化系、戦略的なんです」と大まじめ。女性陣が笑い転げている。

   さらに「掟1、ハンティングシーズンに狩るべし」。「解禁期」と「禁漁期」があって、解禁は4月から9月までなんだと。女性陣から「エーッ」と疑問の声。バカな。男に禁漁期なんかあるもんか。

場所は?

   悪のりテリーは「いいですね。場所はどこです、場所?」

   青木「キル・ゾーン(狩り場)というのがあって、あちこち行くより一か所に絞った方がいい」と。これが掟3。

   加藤浩次「どうやって狩りをするんですか。そこでしょ問題は」

   青木「群れるな。狩りには1人ででかけるべし。群れるとカモだと思われる」。これが掟4。

   テリーはなおも「どこへいくの?」

   青木「自分の好みで……」

   テリー「狩り、されたいでしょ?」

   青木「されたくないです私。狩りは怖いですからね」

   加藤も「狩りされればいいじゃない」と、青木を攻めるが、青木はにこりともせずにぬらりくらり。

   加藤「お前、適当すぎるからいけないんだよ」

   青木「狩女に注目したいと思います」と、たしかにいい加減だ。

   しかし、こんないい加減な本と記事が、またテレビにまで乗るとはね……

文   ヤンヤン | 似顔絵 池田マコト
  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter
コメント・口コミを投稿する
コメント・口コミを入力
ハンドルネーム
コメント・口コミ
   

※誹謗中傷や差別的発言、不愉快にさせるようなコメント・口コミは掲載しない場合があります。
コメント・口コミの掲載基準については、コメント・口コミに関する諸注意をご一読ください。

注目情報PR
追悼

お知らせ

電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中