舛添会見の中身 記者が怒った理由

印刷

<テレビウォッチ> 舛添要一前厚労相が、事前に重大発言を臭わせて記者会見を開いたが、結局問題発言なにもなし。「新聞記者集めて、なにもないって、記者も怒りますよ」と、みのもんたはあきれ気味だ。

「得するかってとこに」

   昨今、政界で誰を「応援」してるのかがわかりやすいみのだが、舛添はどうにも対象外のようだ。世論調査で首相になってほしい人ナンバーワンだと聞けば、「そうなの? 国民に人気があるって、御本人が思ってるだけじゃないの?」と疑義をはさみ、「(連携を模索したとされる)東国原さんや橋下さんには、相手にされなかったんじゃないの」と推測する。

勇気

   舛添は、谷垣総裁から電話があっても、「瞑想中」を理由に対応しない(毎日新聞記事より)など、党執行部とは冷え切った関係だという。といって、離党や新党結成への動きも、煮え切らない。

   みのは、そんな舛添を「自分はどうやったら得するかってとこに行きすぎてんじゃない。かつて与党だった自民党から渡辺喜美さんがたった1人離脱したけど、ああいう勇気はないんだろうね、この方には」と、こき下ろした。やはり、渡辺と比べた上での話ではある。

文   ボンド柳生 | 似顔絵 池田マコト
  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter
コメント・口コミを投稿する
コメント・口コミを入力
ハンドルネーム
コメント・口コミ
   

※誹謗中傷や差別的発言、不愉快にさせるようなコメント・口コミは掲載しない場合があります。
コメント・口コミの掲載基準については、コメント・口コミに関する諸注意をご一読ください。

お知らせ

注目情報PR
追悼
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中