2018年 7月 23日 (月)

上海万博もち上げるみのの計算

印刷

来月1日に上海万博が開幕するが、番組司会のみのもんたの入れ込みようは相当なものだ。理由は何となくわかるのだが、当人はあえて戯画的に演出しているようにも見える。

会場からナマ放送

   まず、万博PRソングの盗作問題では、みのは「盗作だなんだと、それも大変なことだけど、間違いなく言えるのは、この曲がいい曲だから。そこを強調したい」と遠回しにPRソングをほめ、「いい曲だから、この作曲家も影響を受けた、盗作だと思ってないかもしれない」と言い切ってしまう。

成功したい

   会場を使った20万人級リハーサルで将棋倒し寸前の状態が起きたことにも、「安全面は大丈夫なのか」と不安視する井上貴博アナを尻目に、「いやいや、それもリハーサルのうちなの。これでよくわかったでしょ」と反論してみせた。

   みのの狙いは何なのか。「朝ズバッ!」は5月3日に万博会場からナマ放送をやりたいと中国政府に打診しており、みのは「ぜひ放送を成功したい」と意欲を燃やしている。みのの一連の発言は、まあ"前宣伝"といったところだ。

文   ボンド柳生 | 似顔絵 池田マコト
今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!

注目情報

PR
J-CAST会社ウォッチ会員向けセミナー
しごとの学校
  • スマホでわかるGDPR入門セミナー ~あなたの会社、準備は大丈夫ですか?~

  • 企業承継と相続対策セミナー 弁護士は見た!「社長が認知症に!? 悲惨な現実と対応策」

  • 「"無期転換ルール" あなたの会社は大丈夫?」 ~これからでもできる!企業のリスク回避術~

  • 追悼
    J-CASTニュースをフォローして
    最新情報をチェック
    電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中