世界で大ブレーク!ジャスティン・ビーバー16歳の独占インタビュー

印刷

   いま世界の音楽シーンで大ブレーク中のジャスティン・ビーバーがきのう(21日)渋谷でライブをやった。カナダ出身のこの16歳は、You Tubeに載せたシーンに1億5000万ものアクセスを集めて注目され、先月出したCDが全米チャートに初登場で1位。さきのハイチ救済イベント「We are the world」では、トップバッターで歌った。

ニッポン好きかも

   ツイッターのフォロワー200万人――。

詞を見たい

   今回の来日は来月のアルバム日本デビューのPRのためだ。大竹真キャスターが日本で最初の独占インタビューに成功した。まだあどけなさが残る少年だった。

   ――16歳で世界中から注目されて、どんな気分?

   「最高です。興奮してるし、いろんな機会をあたえてくれて嬉しいです」

   ――日本へ来てみて印象は変わった?

   「ちょっと変わった。いままで行った国で一番好きかも。忍者とか寿司のイメージしかなかったけど、実際は気持ちのいいところです」

   ――ガールフレンドは?

   「いまはいない。世界中歩いていると恋人とつき合うのは難しいかもね。」

   ――プロモーションビデオでは、女の子を口説くシーンがあるが?

   「あれはビデオ。実際になったら、自分らしく振る舞って好きになってほしい」

   で、おきまりのメッセージ。「加藤さん、テリーさん、おはようございます」と日本語の後、英語で「応援ありがとう。またすぐ戻ってきます」

   「こういうことがありうるということですよね。急にスターダムにのしあがってくる」と加藤浩次。そう、始まりはYou Tubeで、スティビー・ワンダーなどの歌を勝手に載せて、それが注目された。

   テリー伊藤「自分で作詞もするんでしょ。どんな詞を書くのか見たいよね」

   はるな愛「もう、スターの風格がありますね」

   「ホントに?」と加藤。

   「オレは初々しく見えたけど」と、本村健太郎までが「グレートになりそうな……」

    あとは例によってわいわい。女と違って男の16歳はまだ子どもだよ。

文   ヤンヤン | 似顔絵 池田マコト
  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter
コメント・口コミを投稿する
コメント・口コミを入力
ハンドルネーム
コメント・口コミ
   

※誹謗中傷や差別的発言、不愉快にさせるようなコメント・口コミは掲載しない場合があります。
コメント・口コミの掲載基準については、コメント・口コミに関する諸注意をご一読ください。

注目情報PR
追悼
シニアの健康ライフ
Slownetからのおすすめ記事(提携)

お知らせ

電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中