福島の三春滝桜 満開の美しい姿を拝めるのは今週いっぱい

印刷

もしもツアーズ>皆さんは、「日本三大桜」と呼ばれる桜があることをご存知でしょうか? 1本目は岐阜県の根尾谷淡墨桜。2本目は山梨県にある山高神代桜。そして、三大桜の中で最も遅く開花するのが3本目の福島県の三春滝桜だ。今回は、現在七分咲きで今週末にようやく見ごろを迎える三春滝桜をどーんと紹介しちゃいます!一生に1度は見ないと後悔する・・・とまで言われる美しいその姿を、この機会に是非拝みに行っちゃいましょう!

屋台で名産品

   もしもツアーズのメンバーと、「桜が大好き!」「1人で花見してます!」と叫ぶ「チュートリアル」の徳井義実と福田充徳が集合したのはフジテレビ玄関前。実は、都心から福島県までは、新幹線より車の方が断然お得。具体的な料金で見てみると、東北新幹線だと片道7360円かかるのに対し、車だとETC休日割引を使って2350円で済んでしまう。渋滞する時間をうまく避けられれば安く桜にたどり着けるぞ!

   さて、桜を見る前に是非寄っておきたいのが三春滝桜の屋台会場。ここでは福島県の名産品を中心におよそ20店舗が軒を連ねており、「お土産が欲しい!」という人にはうってつけの場所なのだ! もちろんその場で食べられる屋台グルメも充実している。たとえば、三春名物の「ほうろく焼き」は、油揚げを炭火でじっくり焼いた後にゆず味噌とネギを乗せて食べる人気の商品だ。

   腹ごしらえが済んだら、お待ちかねの三春滝桜を見に行きましょう!大正11年に国の天然記念物に指定されたこのは、東西25メートル、南北20メートルに枝を広げた巨大な紅枝垂桜。樹齢は1000年以上と言われ、満開時には薄紅色の花が流れ落ちる滝のように見えるのだという。

   その美しい姿に、徳井は思わず「映画を一本見たかのような感動がありますね!」と感嘆の声を上げていた。確かに、しなった枝に競うように咲く花々はまさに美しいのひと言。一生に1度は見ないと後悔すると言われるのもあながち間違っていません!

   ちなみに、見ごろを迎える今週は大々混雑が予想されるので、しっかり対策を取っていくべし。駅から会場まで臨時のバスが運行されるようなので、「新幹線で行きたい」という方もご安心を。

   この桜を見逃したら今年はお花見なしですよ! 皆さん今週末はぜひ福島県に足を伸ばしてみましょう!

じょん

  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter
コメント・口コミを投稿する
コメント・口コミを入力
ハンドルネーム
コメント・口コミ
   

※誹謗中傷や差別的発言、不愉快にさせるようなコメント・口コミは掲載しない場合があります。
コメント・口コミの掲載基準については、コメント・口コミに関する諸注意をご一読ください。

注目情報PR
追悼
シニアの健康ライフ
Slownetからのおすすめ記事(提携)

お知らせ

電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中