2018年 7月 17日 (火)

エリカ離婚憶測「金の切れ目が縁の切れ目」

印刷

   沢尻エリカと夫の高城剛氏が離婚へ――!? 突如持ち上がった騒動が芸能コーナーのトップで取り上げられると、司会のみのもんたは「(取材に対して)『別に』って言えばよかったのに」と沢尻に冷たかった。

高城にカネない

   沢尻は多分みのの嫌いリストに載ってしまったのだろう。もし、みのと親交があり、実家のとれたて野菜でも送っていたら、「才能のある素晴らしいお嬢さんですから、頑張ってほしいね。うん」とかいった応援コメントだったかもしれない。

忙しいの?

   番組では、報道機関が個人事務所の公式サイトを閲覧するための「6カ条の誓約書の作成を指示した、高城氏への不信が離婚のきっかけ」との関係者証言(デイリースポーツより)も紹介されたが、みのは「金の切れ目が縁の切れ目かい?」と、日刊スポーツなどが伝えた金銭問題起因説に傾いている模様だ。

   「いやあ、やっぱり同じこと(金の切れ目)を思いましたね」と、コメンテイターのビジネス作家の渋井真帆がうなずく。渋井は一方で、高城が仕事で忙しく、夫婦生活のすれ違いもあったのではと憶測したが、みのは「高城さんってそんなに忙しいの? 忙しいのにカネはないの?」と冷淡だった。

文   ボンド柳生 | 似顔絵 池田マコト
今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!

注目情報

PR
追悼
J-CASTニュースをフォローして
最新情報をチェック
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中